昔の馬鹿な話

愛してしまった男はろくでもない男だった!ってことはありませんか?

実は私にもそんな過去があります。

愛してはいけないとわかっていても、とめることができなかった。

結果的に結ばれることはありませんでした。

その男はバツイチで借金がある人でした。

会社の社長だったのですが、事業が失敗したためかなりの額の借金があったんです。

当時、私は一緒に返していく覚悟でした。

本業の他に副業もしており、収入もかなり良かったからです。

しかし両親はそんな男と結婚することを許しませんでした。

当然ですよね。

自己破産するくらいの額の借金があるのですから…。

交際1年目の冬に事件は起こりました。

浮気が発覚したんです。

しかも相手の女性は妊娠していました。

私は結婚するつもりだったし、借金も返済するつもりでした。

それなのに裏切られたんです。

しかし簡単に別れることもできずに、相手は結婚してしまいましたが関係は続けていました。

そして借金の返済も手伝っていたんです。

本当に馬鹿でした。

結局自己破産したようですが、騙され続けたままだったらずっと返済していたかも。

自己破産の手順と期間

妊娠中の運転を特に気を付ける

妊娠中の友人は特に運転に注意していました。

やはりお腹に赤ちゃんがいると慎重な運転になりますよね。

それなのに交通事故を起こしてしまった友人。

あれだけ注意していたのに事故を起こしたことに精神的ショックを受けていました。

接触自体は軽いものですが、相手の方はむち打ちの症状を訴えており通院したいとのこと。

相手に迷惑をかけたこと、あれほど気を付けていたのに事故を起こしたことにショックを受けてしばらく元気がありませんでした。

お腹の赤ちゃんは無事だったので本当に良かったですが…。

これから交渉したりするのは保険会社ですよね?

友人は特にすることないと思いますが、事故を起こして母親失格と思うなどネガティブ思考です。

友人を元気づけるためにランチにでも誘おうと思います。

美味しいランチを食べたら少しは元気になってくれるかな…と。

考え込みやすい性格なのでこれから心配ですね。

とにかく無事に出産できることを祈っています。

弁護士によるむち打ち症損害賠償金交渉事例

借金のせいで

友人の連帯保証人になり、人生大きく変わってしまった父。

父は昔から騙されるタイプの人でした。

しかし連帯保証人だけにはならないとならないと決めていたようです。

その理由は家族に迷惑がかかるから。

もし何かあったときに家族を守ることができないというのは一家の大黒柱として情けないと思っていたようです。

そんな父に友人は連帯保証人になってほしいと頼んできました。

もちろん父は何度も断ったようです。

しかし友人は泣きながらお願いしてきたとか。

父も最終的には連帯保証人になってしまいました。

友人は返済を続けていましたが、半年たった頃から連絡が取れなくなったとか。

最終的に借金は父のところへ来ました。

もともと裕福ではありませんでしたが、借金返済するために食費も削られていました。

食べたいものも食べれない、プレゼントももらえない。

こんな生活が続いて、嫌になった私は卒業と同時に家を出ました。

あれから20年、借金は完済したようです。

友人の連帯保証人になって借金地獄に堕ちるパターン

マイブログ始動!

ブログを始めてみることにしました。
特定のテーマはありません。
映画が好きで、特に古い映画が趣味に合いますが、映画のことばかりでなく、いろいろなことを書くつもりです。